ネット証券比較コム TOP ≫ 基礎知識 ネット証券のデメリット

ネット証券のデメリット

ネット証券は証券取引をするのにとても便利な上、安くて手軽で誰でも始められるのがメリットですが、勿論良いことばかりではありません。 店舗がある証券会社と比較するとデメリットもいくつか挙げられます。

当然のことながらネット証券はパソコンとインターネット環境が必要となります。パソコンに慣れ親しんでいる方はともかく、あまり得意ではない方には少し注意が必要です。なぜならパソコンのトラブルやコンピューターウィルスの被害に遭うと取引の大きな損失に繋がる恐れがあるからです。自分で対処が出来ない人にはあまり向いていないかもしれません。 また、証券マンなどのアドバイスを受けることが出来ないのである程度の知識が必要となってきます。

情報を自力で集めて商品選びなどを行わなければならないデメリットもあります。オンライントレードであっても、コールセンターやメールで証券会社のサポートを利用することは出来ます。しかし、銘柄選びまでは行ってくれないことがほとんどです。そこまでのサポートは期待することが出来ません。インターネットに慣れていない方であれば自力で情報収集を行うのは難しいかもしれません。

ネット証券はあくまでネットで取引を行いますので、証券会社のシステムやアクセスプロバイダーのシステムがダウンしてしまうことも考えられます。システムがダウンしてしまうと取引に大きな損失が出てしまうこともあります。証券会社側のトラブルであった場合は対応してくれる会社もありますが、そうでない会社もあるので事前にしっかりチェックするようにしましょう。また、自宅のパソコンの故障などで大きな損害を被ることもあるため、その辺りも注意する必要があります。