ネット証券比較コム TOP ≫ 疑問etc. オンライントレードとは?

オンライントレードとは?

オンライントレードとは、インターネット等の電子ネットワークを通じて株式や投資信託などの金融取引を行うことが出来るサービスを総称して言います。もともとインターネットを用いた金融商品の取引はイートレード、インターネットトレードとも呼ばれていましたが、現在だとオンライントレードが最も好まれて使われています。オンライントレードと似たようなものにインターネットバンキング(モバイルバンキング)がありますが、こちらはインターネットを通じて銀行預金口座の取引(残高確認、振込など)を行うことを言います。

オンライントレードの1番の特徴は証券会社のコンピュータに直接注文することです。インターネットで証券会社のウェブサイトに接続し、オンラインで株の売買を行なう方式が一般的となります。手続きのほとんどが自動化されているため、従来の対面取引のように担当者を置く必要がなく人件費などを大幅に削減することが出来ます。そのため、窓口に出向いて行なう対面取引や電話による取引よりも手数料がとても安くなります。

インターネットが出来る環境であれば誰でも簡単に利用することが出来ることから、オンライントレードは数多くの個人投資家の方に利用されている人気のシステムです。また24時間証券取引を行うことが出来るため、仕事をしている方でも休みの日であっても好きな時に取引を行うことが出来ます。

最近では携帯電話からでも取引出来る証券会社がとても増えています。対面取引のように相談に乗ってくれる方がいないので個人で情報を調べる必要がありますが、時間的な制約もなく、様々な情報をリアルタイムで入手することも出来るためとても便利なシステムです。